住宅ローンとリフォーム費用

借金というとサラリーマンの借金だと思います。
会社等では借入という言葉を使うからです。
サラリーマンが借金するのはいろいろなところからです。
まず親とか親戚とか身内とかからの借金が簡単です。
これでは安易過ぎますね。

ここでは銀行や信用金庫やJAからの借入について述べます。
サラリーマンが借金するのはどういう場合でしょうか?
いろいろな形態が想定されます。
一番多いのは住宅ローンではないかと思います。

参考:住宅ローン借り換えでリフォーム費用を借りる方法と住宅ローン控除!

その次にはリフォーム費用のローンとか塗装工事とか屋根の修理とかでしょう。
やはり一番金がかかるのは、住宅ローンでしょう。

サラリーマンにとっての一大事業です。
急に銀行等に駆け込んでも、すぐには貸してくれません。
それにはやはり布石を打っておくことが肝要です。

まず給与振込みをその銀行にすること、次に5大公共料金の引き落としもその銀行にすること。
それに多少の定期預金はしておくことです。
銀行はそれらの状況を見て、貸しても貸し倒れがないかということを審査します。

次に返済額が適当かということを審査します。
これらに合致する必要があります。
日ごろから付き合っていれば、いくら貸しても大丈夫だということを分かります。

住宅ローンの場合で言えば、手持ち資金がいくらあって、いくら借りたいのか、また何年で返すのかということが分かるように説明することが大切です。
無理なく返せるところが借入の限度になります。

借入の際の歳も重要です。
あまり若くても、歳をとりすぎていても貸してくれないことがあります。
いくら借りて、何年で返すということが分かれば大体貸してくれます。
担保物件や保証人も重要です。銀行が万一の場合の備えなのですから。

やはり日ごろからの銀行との付き合いが肝要と思われます。
できれば銀行員等と仲良くなったり、知り合いになったりすることも1助になります。

リフォーム費用のローンとか他の工事代金はそれほど高くありません。
最終的には退職金返済等という手段もあります。