スロットで500万の借金返済方法の体験談

スロットの負け500万の借金返済で自転車操業の体験談

借金というものは昔ちょっとしていたことがあって、しかもそれが自転車操業というやつで辛かった経験がありました。
原因としては恥ずかしながらスロットにはまってしまっていて、それで少額の借入を多数の会社からしていたという経緯がありました。
しかも、いい年して日雇いのバイトしかしてなくて、なんだか今思うと情けなくなりますね。

スロットの借金は大体500万円ほどであり、借入していた会社は5件ほどでしたが、やはり返済日が付きに5回もあると非常に不安感があったのを覚えています。

そんなこんなもありましたが、ようやく自転車操業の深刻さに気付いて、まずはしっかりとした仕事に就こうと真面目に求人をさがして、ようやく派遣社員として社会に復帰をしました。

当然これだけだと500万の返済も厳しくなってしまうので、まずはおまとめローンを検討してみることにしました。
銀行系ローンは審査に落ちてしまいましたが、消費者金融のおまとめローンはなんとか通ったので、これで一本化になんとか成功しました。

金利的には高いのですが、やはり月の支払いが一回というのは精神的に気持ちが楽になるし、自転車操業からも抜け出られたの、良かったと思っています。

現在でも借金500万の返済は続いているのですが、職場にはばれていないので、早く身軽な身体になりたいなと思いながら、現在真面目に働いています。

参考:500万円の借金返済方法!スロットに負けて地獄を見た体験談

スロットに負けて500万!借金返済方法は利子で精一杯!

借金を始めたのは本当に軽い気持ちで始めました。
スロットで負け越した時だったと思います。

食費がかなり厳しくて頑張ればしのげたかと思うのですが、キャッシングをすれば、お腹が減ったのを気にする必要もなく、好きなものが食べられる。
そんな風に考えて借入に踏み切ったように思います。

借金をしてみると、ああこんなに簡単なんだ、来月に返したらいいだけだから、そんなに無理して借りるのを拒む必要なんかなかったな、と思うようになりました。

そうすると、またスロットに負けて、お金に困ったときには、キャッシングに頼るようになっていきました。
またスロットで負けた、でもまぁお金借りてすぐ返せばいいか。
そんな風に軽く考えるようになっていったのです。

しかし、そういったことを繰り返すうちに、スロットで負けても借金すれば大丈夫だから、という風に物事を考えるようになっていました。
毎月お金を借りるすることが、当たり前のようになっていきました。

気づけば給料を全額返済に回しても、1度では支払いできない金額になり、徐々に借金は膨らんでいき500万に。
その時、利子の払いはしっかりしているから、とお金を返していないのに、何か返している気になっていました。
当然、それでは借入残高500万は減ることはありません。

それから時間がたつごとに、500万の利子の対応だけで、精一杯になっていくのを感じでかなり焦りました。
親族に借入をして一部返済。

利子を減らし、徐々に返して何とか500万を返すことができましたが、自分一人ではかなり厳しかったように思います。
金額が増えすぎると利息に追われて返済ができなくなる。
それを通願した出来事でした。
スロットは、もうやめます。