キャッシング枠決める基準

銀行カードローンとは?

Posted by 管理人 on 2015年1月19日

「急にお金が必要になってしまった」、「週末までにお金を用意しなくてはいけない」なんて、急な出費に困ってしまった経験はありませんか?でも手元にも口座にもお金の余裕がない、さあ、どうしますか?
世の中、想定外の出費がいつ訪れるかわかりません。しかも意外と頻繁にやってきます。できれば、先延ばしにしたいのは山々ですが、そうもいかないことが多いもので、絶対に今すぐに用意しなくてはいけないような場面もあるかも知れないのです。
そんなとき、どんな方法でそのピンチを回避しますか?あなたはそんな備えがありますか?
答えは簡単です。お金がないのなら、誰かに借りればいいのです。至ってシンプルです。しかし、お金を貸してと頼める相手は世の中に、そう多くはありません。となれば、消費者金融からお金を借りることができる、「キャッシング」や銀行からの「カードローン」を利用すれば、突然の出費にも慌てることはなくなります。
その中でも銀行のカードローン審査は手軽で、しかも金利が消費者金融と比べると明らかに安くてお勧めです。具体的な数字としては、消費者金融のキャッシングは、5%〜18%程度、一方、銀行のカードローンは3%から15%程度の金利水準となっていて、明らかに違うのがおわかりでしょう。また、総量規制の対象外ですので、個人の借入総額が限定されないところも、銀行のカードローンの利点であるといえます。融資限度額かかなりの高額に設定されているサービスもあるので、まとまったお金の使い道として利用している人も多いようです。


Filed Under: 融資 - Comments: Be the First to Comment


Tags:


お金を借りる・親から借りる場合

Posted by 管理人 on

学生時代に、親から仕送りを受けた経験をされた方も多くいらっしゃると思います。
社会人になってまで、親からお金を借りることに抵抗を受ける方もいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし、身近な存在で、一番頼りになるのは、親であることも確かなことです。
まずは、お金を借りなければいけない理由をきちんと説明して、理解を得ることから行うようにしましょう。
親からお金を借りる場合に注意しなくてはいけないことは、贈与にあたらないようにすることです。
少額では贈与の対象にならないこともありますが、一度贈与であるとみなされると、贈与税を負担しなければいけません。
その対策としては、契約書・借用書をきちんと作成しておくことです。
契約書・借用書には、借りる金額や返済方法を明記しておきます。
親からお金を借りる場合には、利息まで支払うことはあまりありません。
金利については「0%」と明記しておくようにしましょう。
返済方法についても、きちんと確認しておくようにしておきます。
銀行口座への振込を行う場合には、通帳などに返済の履歴を残しておきましょう。
現金を直接受け渡しする場合には、返済を行った証拠として領収書などを発行してもらうとよいでしょう。
いずれにしても、借りた金額によっては、きびしく贈与であるとみなされることもあります。
その場合には、きちんと贈与税を支払うようにしましょう。
一番頼りになる存在が親であると同時に、できれば親には負担をかけないようにすることも大切です。
主婦でも借りれるお金は、できるだけ早くきちんと返済できるようにしましょう。


Filed Under: 融資 - Comments: Be the First to Comment


Tags:


大手から中小まで消費者金融はさまざまある

Posted by 管理人 on 2015年1月14日

消費者金融といってもそこには大手から中小までさまざまな業者があります。
お金を借りるならどこがいいのでしょうか。
消費者金融にはさまざまありますがその基本となっているのは改正貸金業法です。
その規制から外れることはできません。
金利の上限は決められておりその金利以上となれば消費者金融に対して罰則がありますし、また取り立てに関しても厳しいルールがあります。
強引な取り立てや勧誘を行えば営業停止となることもあり、それは実際に行われています。
金利の上限は変わりがなく、どこの消費者金融でも法定金利の上限ぎりぎりをとっています。
そして強引な方法もない、それであれば大手でも中小でも消費者金融なら基本は変わりありません。
法律があるからこそ私たちは安心して消費者金融を選ぶことができます。
それなら大手と中小、その違いはどこにでてくるのかということになるでしょう。
使いやすさ、安心感、それが大きな違いになっています。
全国展開をしていると大手であれば全国どこでも利用ができます。
金利に違いがありませんが、使いやすさとして考えてみるとそこには損得が出てくるものです。
大手となると提携先も多くコンビニATMの大半は利用ができるようになっています。
所得証明書不要借り入れはもちろんのこと、返済の方法にも困らないようになりました。
大手消費者金融から選べばよい、その基本を守っておきましょう。
もちろん中小消費者金融が悪いと言っているのではありません。
その使い方に変化を見いだせるだけの知識がない以上、大手から選択するのが無難だということです。


Filed Under: お金 - Comments: Be the First to Comment


Tags:


キャッシングの審査で必要なもの

Posted by 管理人 on 2015年1月13日

キャッシングは申込が簡単で誰でも申込ができますが、申込をするとお金 借りる審査があり、審査で必ず必ず必要になる書類があります。
書類によっては取り寄せに時間がかかる書類もあることや書類を事前にそろえておけば即日融資の審査も中断することなく終えられます。
審査で必ず提出を求められる書類として申込者が本人であることを証明する書類の本人証明書類で、運転免許証や健康保険証、パスポートなどがこれにあたります。
また申込フォームに記入した住所と運転免許証に記載されている住所に違いがあるときは本人証明書類以外に公共料金の領収証(ガス・電気・水道など)や住民票の写しなどの提出を求められます。
借入希望額によっては収入証明書類が必要になる場合もあり、消費者金融の審査では借入希望額が50万円をこえるときや、他社借入があった場合の合計が100万円をこえるときは収入証明書類として、源泉徴収票や会社の給与明細書、納税証明書などが必要と決まっていますが、銀行カードローンはそれぞれの銀行で収入証明書類を必要とする融資額が違うので申込をする時に確認をすることになります。
必要書類を事前にそろえておく理由として、審査は申込フォームに記入した内容を見ておこなわれるため、申込フォームにに誤字や脱字があったときに単純ミスと判断されればよいのですが、記入内容が違っていると「ごまかしている」と判断され審査に通らなくなります。
そういったことを無くすためにも事前に書類を揃えておいて、書類と見比べながら記入すればミスを防ぐことができます。


Filed Under: キャッシング - Comments: Be the First to Comment


Tags:


ゆうちょでお金を借りるには?

Posted by 管理人 on 2015年1月9日

郵政民営化によりゆうちょ銀行として誕生した、郵便局事業には、一般の金融機関よりもさらに一段と安心感があるイメージがあります。
お金を借りる際にも、安心感は大きなメリットになります。
ゆうちょ銀行では、メガバンクなどに比較すると、大規模な広告や宣伝を行っておらず、知名度も低いものがありますが、住宅資金や教育資金を借りることができます。
金利も一般銀行等とさほど変わりなく利用できますが、郵便貯金やかんぽ生命などに比較すると、少し認知度が低くなっているようです。
ゆうちょ銀行からお金を借りる条件には、財形預金を担保にするというものがあります。
「財形」「財形年金」「財形住宅」の3種類の預金を担保にして、借入限度額300万円までのお金を借りることができます。
これは、借入残高に返済請求時の利子をプラスした金額が、これらの預金の90%範囲内であることが条件です。
返済方法は、金額+利子をゆうちょ銀行の窓口で直接返済します。
利率は、返済時の預金金利+0.25%となっており、返済回数は1回から4回まで選択可能、返済期間は最長2年間となっています。
また、定額および定期貯金を利用していう総合口座では、残高を越える払い戻しが行われた場合、自動的に不足分を貸付する制度があります。
つまり、総合口座の貯金を担保にするわけです。
預金金額の90%範囲内で、1冊の通帳につき300万円までの貸付が行われます。
利率は、返済時の約定利率+0.25%、返済方法は、金額と利子と、総合口座に入金することで行われます。


Filed Under: 融資 - Comments: Be the First to Comment


Tags:


消費者金融の審査ではクレジットカードの利用履歴も調査されるの??

Posted by 管理人 on

皆さんはキャッシングはしたことがありますか?クレジットカードに備わっていて、ちょっと困った時にお金を借りられて便利ですよね。
昨今では消費者金融から融資を受けることもキャッシングといいます。消費者金融でも無人契約機で申し込みをして、審査に通れば、専用のカードが発行され、困った時お金を借りられるという便利なサービスです。
因みにこの借り入れランキング審査ですが、どんなことが審査されるのかはご存知ですか?
簡単に言うと、現在安定した収入があるか、そして、過去のキャッシングの利用履歴が全て調査されます。
収入については、アルバイトやパートであっても安定した収入を証明できれば問題ありません。過去のキャッシングの利用履歴は、消費者金融からのキャッシングだけでなく、クレジットカードの利用履歴も調査されると言われています。
もし、消費者金融に対して一切トラブルがなくても、クレジットカードの利用履歴で、延滞や滞納、また未完済のものがあれば審査には通らないでしょう。
消費者金融もクレジットカードの信販会社もそれぞれの信用情報機関を持っています。ほとんどの賃貸業者はこの信用情報機関に加盟し、加盟している会社は、その全ての利用履歴を信用情報機関に登録することが義務づけられています。そして、どちらか一方のみの信用情報機関に加盟している場合は、多くが他方の信用情報機関にも加盟しているのです。こうして、消費者金融とクレジットカードの利用履歴の共有が行われているという仕組みなのです。


Filed Under: 消費者金融 - Comments: Be the First to Comment


Tags:


一度完済したキャッシング、再開するために手続きが必要?

Posted by 管理人 on 2014年12月26日

基本的には解約をしていない限りは無利息キャッシングの再開は自由です。
解約をするということは契約解除、つまりキャッシングカードが使えない状況となっていますので一度その消費者金融なり銀行なりに確認を取る必要があります。
しかし解約をしていないのであれば現在持っているキャッシングカードはいまだ契約中、借り入れをすることはできます。
キャッシングカードを契約した時に契約限度額が決められます。
これはその限度額の範囲内で自由に借り入れをしてもよいとして決められた金額です。
完済をして時間が経っていてもその契約は有効となりますのでATMから借り入れができます。
心配な場合には利用していた消費者金融や銀行の会員サービスにログインをしてみましょう。
そこからも確認ができます。
会員サービスにログインをすると会員情報が記載されています。
現在の借り入れ可能金額が表示されていますのでそこに記載されている金額はキャッシングができる金額となっています。
ただし消費者金融や銀行では借入残高がない状態が一定期間続くと契約解除となる場合もあります。
その一定期間は業者によって違いがあり3年ということも5年ということもあります。
長い期間が経過しているのであればその可能性はありますので業者に電話をかけての確認が安心です。
キャッシング専用カードを紛失した場合、消費者金融であれば自動契約機からカードの再発行ができます。
銀行カードローンは再発行は郵送になります。


Filed Under: 消費者金融 - Comments: Be the First to Comment


Tags:


消費者金融の利息について

Posted by 管理人 on 2014年12月25日

消費者金融を利用すると、きちんと返済をしていかなくてはいけません。
その為には、どれくらいの返済額をしっかりと把握しておく必要があります。
返済額は、元金+利息で計算されます。
初めて消費者金融を利用される方は、利息の計算がどのようにおこなわれるのか疑問に感じる方もいらっしゃることでしょう。
利息の金額は以下の計算式で算出されます。
利息=元金×金利×借入期間
一般的な消費者金融では、金利は年利で表示され、返済金額自体は日割計算で算出されます。
仮に、50万円を実質年利18.0%で借りた場合、1ヶ月(30日)で支払う利息の額は、以下で計算されます。
500、000円×18.0%÷365日×30日=7、397円
1ヶ月後に7、397円だけを返済した場合を考えると、元金50万円はちっとも減らないことになります。
これでは、いつまでたっても借りたお金を返すことができません。
一般的な消費者金融では、元利均等返済で毎月一定金額を返済することになります。
先のケースで、毎月の返済金額が1万円だった場合
10、000円−7、397円=2、603円が元金に充当され、借入残高は、500、000円ー2、603円=497、397円となります。
そして次の1ヶ月(30日)後には
497、397円×18.0%÷365日×30日=7、358円の利息を支払うことになります。
最初の内は、元金の残高が多いので、元金部分の減り方も少なく感じます。
返済金額は、各社のカードローン 審査ランキング上などでシュミレーションを行うことができます。
自分の収入等に応じて、無理のない計画を立てるようにしましょう。


Filed Under: お金 - Comments: Be the First to Comment


Tags:


30日間無利息ローンの活用

Posted by 管理人 on

親や友人からお金を借りた場合、普通は利息を支払うことはありません。
お互いの信頼関係からお金の貸し借りをしますので、金利の支払いまで追求されることがないのが普通です。>カードローン口コミ
一方、金融機関や消費者金融からお金を借りると、利息を支払う必要があります。
利益の元となるのが、利用者からの利息収入ですので、当然のことです。
一方、顧客の利便性を追求し、一定期間無利息で融資を行うサービスも登場しています。
顧客が利用するきっかけを提供し、今後の利用者を増やそうとする狙いがあるのです。
無利息期間は、取り扱い先によって異なっており、1週間から30日間、長いところで180日の無利息サービスを提供している先もあります。
仮に10万円を借りた場合について考えてみましょう。
10万円を金利18.0%で、30日間借りた場合の利息は、以下になります。
10万円×18.0%×30日間÷365日=1、479円
30日間無利息サービスを利用すれば、この1、479円の利息無しで10万円を借りることができるのです。
数字だけを見ると少額に感じるかもしれませんが、10万円もの大金を無利息で借りることができることは、非常に大きなことではないでしょうか。
このような無利息サービスの融資をうまく活用していくと、日常の生活も豊かなものになっていくことでしょう。
しかし、きちんと無利息期間内に返済できるようにしなければいけません。
お金を借りる時には、きちんと計画をもって利用するようにしましょう。


Filed Under: 融資 - Comments: Be the First to Comment


Tags:


消費者金融の借金の整理をしたいのですが……。

Posted by 管理人 on

消費者金融でお金を借りたことがあったり、または興味がある方は耳にしたことがあると思いますが、「債務整理」という言葉は、みなさんご存知でしょうか?
債務整理とは……借金の額を減らし、重い金利負担から解放される手続きのことです。
現在、日本には200〜300万人もの人が、借金問題で悩んでいるといわれています。
そういったお金の問題に悩んでいる方の中には、自殺や夜逃げをされる方もなど、人生に関わる決断を迫られている方も少なくないのです。しかし、その実体としては、しっかりと法律家に相談して、借金の整理をする人はほんの一部といえます。
カードローン 返済
専門家からすれば、どんなに大きな額の借金でも法律で整理できない借金はないそうです。そんなときは、一人で悩まずに是非専門家に相談されることをお勧めします。
債務整理の種類としては、次の4種類が挙げられます。 1)過払い金返還請求、2)任意整理、3)自己破産、4)個人再生です。
このそれぞれの方法の中で、どの方法が自分の借入状態に合っているのかなども含めて、是非専門家に相談してみてください。
また、それぞれにはメリットもありますが、もちろんデメリットもあります。
簡単な情報収集としてはインターネットなどで検索してみてはいかがでしょうか。弁護士によってはホームページにて債務整理の仕方を簡単に説明してあるサイトもあります。いくつかの専門家にメールや電話で問い合わせてみるのもいいかもしれませんね。とにかく、一人で悩まずに、是非一度相談してみましょう。


Filed Under: キャッシング - Comments: Be the First to Comment


Tags:


« previous top