キャッシング枠決める基準

消費者金融の借入限度額

Posted by 管理人 on 2015年3月4日

消費者金融でキャッシングをするときの融資限度額は、貸金業法の総量規制の対象となるため消費者金融が融資をするときの限度額は年収の3分の1以内と制限されています。
消費者金融のキャッシングはこのような制限が有るため、キャッシングを利用するときは安定した収入があることが条件となり、これまでは主婦の利用が一番多いと言われていましたが、貸金業法の改正以後は無職の専業主婦は個人名で利用できなくなりました。
では専業主婦のキャッシングは不可能かといえばそうではなく、銀行カードローンは貸金業法の総量規制の対象にならないため、年収のない専業主婦でも銀行カードローンを使ってキャッシングすることは可能で、専業主婦専用の商品をそろえているカードローンもあります。
おなじ主婦でもパートやアルバイトで収入を得ている兼業主婦の収入は安定した収入と認められるので年収の3分の1以内ということを考えれば融資限度額は少なくなりますが利用できます。
消費者金融の商品の中で「おまとめローン」や「事業主ローン」も総量規制の除外に当たるため、これらのローンで融資限度額が3分の1をこえいても、複数社の借入をひとつにまとめたいときや個人事業主が利用したいとき、審査に通れば総量規制の年収の制限を受けずに利用できます。・・・こんな利用方法も銀行カードローンなら可能
融資限度額は初回の申込では低めに設定されるので、限度額を上げるためには問題なく返済を続けることで増額申請が可能になり、増額を続ければ年収の3分の1ちかくまで限度額を増やすことが可能になります。


Filed Under: 消費者金融 - Comments: Be the First to Comment


Tags:


おまとめローンのメリットデメリット

Posted by 管理人 on 2015年2月24日

おまとめローンのメリット・デメリットはどういった点なのでしょうか。まずメリットとしてあげられるのは、自分の抱える複数の借金を一つの金融機関でまとめることで、まとまった額になるため金利が低くなるという点でしょう。金利がより低いローンにまとめられれば一番いいですが、もし消費者金融での複数の借金を消費者金融のおまとめローンでまとめる、という場合でも、まとまった額になれば一般的には適用される金利は多少低くなるはずです。金利が低くなれば利息負担が減り、月々の支払額も減ることとなります。
またおまとめローン一本化のメリットとしてもう一つあげられるのが、支払日です。今までバラバラだった支払日や借入残高の管理などが一つのローンにまとまることで楽になります。またあまり知られてませんが、おまとめローンは最長返済期間が10年と長いため、返済期間を長く設定して月々の支払額を減らすことも可能なのです。
ではデメリットはどんな点なのでしょうか。まずあげられるのは審査の厳しさです。当然多くの方が今よりも金利が低いローンでおまとめしたいと考えるかと思いますが、金利の低い所ほど審査は厳しくなります。おまとめローンはただでさえ多重債務者がまとまった額の融資を受けることが前提となったローンです。金融機関側としてもリスクの高い商品ですから、どうしても審査は厳しくなりがちです。
また先に挙げた最長返済期間に関連したデメリットもあります。月々の返済額が減ることが目的とも言えるおまとめローンですが、返済期間を長くしますとその分、最終的に支払う利息が増えてしまいます。金利をもし低いローンでおまとめできたとしても、返済期間が長引けば最終的には今までよりも返済総額が増えている、ということがありえるのです。月々の支払い負担という目先のことに目がいきがちで、実際には増えていることに気付かない方が多いのです。
しかし最長返済期間を長くすれば確実に月々の返済額を少なくできるのも事実です。メリットを取るか、デメリットを取るかですが、確実に返済を続けていくことを考えるなら月々の返済額を無理のない額にするのがベストでしょう。増えてしまう利息分は余裕のある月に積極的に繰り上げ返済をしていけば、リカバリーが可能です。


Filed Under: キャッシング - Comments: Be the First to Comment


Tags:


モビットのWEB完結って何?

Posted by 管理人 on

最近、パソコンが急に故障してしまい、思わぬ出費にピンチになりました。もう少しでボーナスですが、私の場合は、パソコンがなければ仕事になりませんので、来月まで待つわけにもいかず。正直、月々の家賃や食費、保険やカードの支払いなどで、精一杯で、余裕がありません。
そんな時って、けっこうありますよね?皆さんはどうしていますか?今回は、仕方なく、貯金を崩して対応し、ボーナスで埋め合わせることで何とか対応しましたが、毎回貯金は崩したくないし、正直貯金もそんなにありません。お金を貸してなんて、友達や家族にはできれば頼みたくはありません。
そこで、最近気になっているのが、消費者金融です。消費者金融なら、気兼ねなくお金を借りることができるかなと持ったのですが、やっぱり、消費者金融は利用しにくいイメージがありますよね。だって、消費者金融って、聞こえはいいですが、要するに、「金貸し」ですよね。そんなところを利用しているとわかれば、お金に困っているのだと思われても仕方がないですよね。
だから、皆できれば、消費者金融は利用したくないし、していることもバレたくないのです。
しかし、最近モビット 増額が画期的なサービスを始めています。「WEB完結申込」というサービスです。このインターネット情報社会で、今まで、このサービスがなかったのがおかしい位な気もしますが、これは業界初のシステムなのです。
このサービスでは、申込をはじめとする、全てのサービスが、インターネットを通じて完了できるようになっています。借入まで、全ての手続きをホームページ上で済ませることができるので、無人契約機や店舗に出向く必要もありません。
ということは、つまり、誰にもバレることなく、好きな時間に好きな場所で、全ての手続きができるということになるのです。
これなら、私にも簡単に申し込みができるような気がします。消費者金融の申し込みは無人契約機が主流ですが、それでも無人契約機に行くことも、あまり気が進みませんでした。でもこのサービスなら、絶対に誰かに消費者金融を利用していることがバレることはないですからね。


Filed Under: キャッシング - Comments: Be the First to Comment


Tags:


大学生がお金を借りるには

Posted by 管理人 on 2015年2月7日

大学生がキャッシングをするときは、条件として年齢が20歳以上で安定した収入があることを満たしていればキャッシングでお金を借りることができます。
キャッシングは申込をして審査に通らなければなりませんが、審査の最大の目的は「お金を貸しても返せる返済能力がある」ということ見るために申込者が安定した収入があるかを見ます。
20歳をこえていて安定した収入があれば、大学生であったとしても問題なく融資が受けられますし、社会人として働きながら大学に通っている二部の学生の場合はフルタイムで仕事をしていることから、バイトをしている学生に比べて審査に通りやすいといえます。
ただ、バイトで収入を得ている学生は、年収がわかりにくいことから判断がむつかしいと言われているところもあり、学生であっても審査内容は同じで、勤続年数が重要視され、短期間でバイト先を変えているといつ無職になるとも限らないという判断から融資を受けるのがむつかしくなるので一般社会人と同じく、おなじバイト先で長くバイトを続けていれば審査が通りやすくなります。
即日キャッシングは、基本的には20歳未満の方は利用できませんが、18歳以上の学生を対象とした「学生ローン」という商品を提供している金融業者もあります。
学生ローンの場合「社会人なみの安定した収入」までは必要ありませんが、ある程度のバイトによる収入は求められます。
20歳以上の学生で一般のキャッシング審査に落ちてしまった方は、お金を借りる方法として学生ローンを検討するのもひとつの方法といえます。


Filed Under: ローン - Comments: Be the First to Comment



楽天銀行カードローンは即日融資も可能

Posted by 管理人 on 2015年2月6日

楽天銀行スーパーローンは、楽天銀行のカードローン商品です。借入限度額は500万円、金利は4.9〜14.5%であり、50万借りたい消費者金融カードローンと比較するとお得になっています。
楽天銀行スーパーローンは銀行のカードローンなので、総量規制の対象外です。よって、収入による制限がありません。収入のない専業主婦でも申込ができます(借入上限額は50万円)。
申込は、インターネットで24時間受け付けています。電話による新規申込は受け付けていないので、注意してください。必要書類の提出は、スマートフォンの証明書類提出アプリで簡単に送付できます。また、契約額が300万円以下ならば、収入証明の提出は不要です。
楽天銀行スーパーローンは、即日融資も可能です。借入は、インターネットや電話で24時間受け付けています。ただし、インターネットからの借入は、会員サービス「メンバーズデスク」に登録した方のみが利用できます。全国に80,000台以上ある提携ATMからも借入ができます。コンビニエンスストアなどにも設置されているので、必要な時にすぐ利用できます。
楽天銀行スーパーローンにもデメリットはあります。
ひとつは、審査時間です。通常は当日に審査結果が出ますが、最大で2営業日かかる場合があります。
また、申込条件が「20歳から62歳までの、毎月安定した定期収入のある方」となっていることです。他社では年齢上限は65歳に設定されていることが多いので、若干厳しめになっています。


Filed Under: ローン - Comments: Be the First to Comment


Tags:


おまとめローン業者はどこを選ぶべきか

Posted by 管理人 on 2015年2月3日

おまとめローンで検索すると、いろいろな金融機関がヒットしますよね。しかしこういろいろとありますと、じゃあ結局どこを選んだらいいのか、逆にわからなくなってしまいます。数あるおまとめローン業者の中で、一体どこを選んだらいいのでしょうか。
まず選ぶ際に多くの方が条件としてあげるのが金利の低い所です。複数抱えている借金を今よりも低金利で借りられなければ利息負担額の圧縮になりません。ただし、金利の低さはマストな条件ではありません。というのも、金利が低ければその分審査も厳しくなってしまいます。ただでさえ金融機関にとっておまとめローンというのはリスクの高いものであるためおまとめローン 比較審査が厳しいのです。
しかし月々の返済負担を軽くする方法は何も金利だけではありません。返済期間を長くすることで月々で支払う分も減り、毎月の返済負担を軽くすることもできるのです。おまとめローンはカードローンなどと比べますと返済期間が長く、最長10年などといった設定になっています。カードローンでおまとめ、という方法もありますし実際おまとめローンで検索して出てくる所の多くはカードローンかと思いますが、この返済期間が長く取れるのはやはりおまとめローンならではなのです。
カードローンでついつい限度枠に空きができると借りてしまう…という方のばあいにも、おまとめローンが有効でしょう。カードローンは資金使途自由ですからおまとめ利用ができるわけですが、返済していくうちに空きができるとその分また借金を増やしてしまい、どれだけ返済しても借金が減らない、という状況に陥る方が少なくありません。そうした方の場合には、返済専用のローンであるおまとめローンを利用すれば新たな借入れを増やさず完済に向けて頑張れるのではないでしょうか。
以上のようなことから考えますと、まず金利の低さでいけば東京スター銀行おまとめローンですが、審査が厳しいため誰でも利用できるものではありません。金利は高くなってしまいますが、審査が比較的柔軟なところとして大手消費者金融のおまとめローンという選択肢もありますので、検討してみてはいかがでしょうか。


Filed Under: 融資 - Comments: Be the First to Comment


Tags:


キャッシングを無利息で利用する?

Posted by 管理人 on 2015年1月29日

これまで、「お金を借りた場合は利息を支払わなくてはいけない」と散々伝えてきました。
しかし、中には無利息のキャッシングがあるのを御存じでしょうか。
「話が違うじゃないか!」と思われるかもしれませんが、御容赦下さい。
キャッシング会社の中には、一定期間無利息サービスを設けている先があります。
貸金業者の利益の元は、顧客からの利息収入ですので、これを無しにすることは、利用者に対してもかなりのインパクトを与えます。
ただし、実際に無利息の顧客だけばかりでは、事業そのものが成り立ちません。
キャッシング会社の利用者には、一度利用した会社を再度利用する傾向が高いのです。
例えばスーパーなどでも、一度来店してその良さを知ると、続けて来店したいと考えるのが顧客の心理です。
スーパーの営業側でも、再来店の顧客の獲得を利益に結び付ける戦略があります。
同様のことは、キャッシング会社にもいえることです。
キャッシングでは、借り入れ前の手続きなどのわずらわしさを感じることから、一度審査に合格した先を、再度利用したいと考える心理が働きます。
これを上手に営業戦略に取り入れるということなのです。
そこで、一度無利息の期間を設けて最初に自分の先を選んでもらおうというわけです。
無利息サービスは、この点から初回の利用者をターゲットにしているものが大半になっています。
一方、中には一週間無利息を月1回利用できる「ノーローン」などの会社も登場しています。
いずれにしても、無利息サービスの即日融資 カードローンは、非常に便利なものです。
上手に活用していきたいものですね。


Filed Under: ローン - Comments: Be the First to Comment


Tags:


銀行カードローンとは?

Posted by 管理人 on 2015年1月19日

「急にお金が必要になってしまった」、「週末までにお金を用意しなくてはいけない」なんて、急な出費に困ってしまった経験はありませんか?でも手元にも口座にもお金の余裕がない、さあ、どうしますか?
世の中、想定外の出費がいつ訪れるかわかりません。しかも意外と頻繁にやってきます。できれば、先延ばしにしたいのは山々ですが、そうもいかないことが多いもので、絶対に今すぐに用意しなくてはいけないような場面もあるかも知れないのです。
そんなとき、どんな方法でそのピンチを回避しますか?あなたはそんな備えがありますか?
答えは簡単です。お金がないのなら、誰かに借りればいいのです。至ってシンプルです。しかし、お金を貸してと頼める相手は世の中に、そう多くはありません。となれば、消費者金融からお金を借りることができる、「キャッシング」や銀行からの「カードローン」を利用すれば、突然の出費にも慌てることはなくなります。
その中でも銀行のカードローン審査は手軽で、しかも金利が消費者金融と比べると明らかに安くてお勧めです。具体的な数字としては、消費者金融のキャッシングは、5%〜18%程度、一方、銀行のカードローンは3%から15%程度の金利水準となっていて、明らかに違うのがおわかりでしょう。また、総量規制の対象外ですので、個人の借入総額が限定されないところも、銀行のカードローンの利点であるといえます。融資限度額かかなりの高額に設定されているサービスもあるので、まとまったお金の使い道として利用している人も多いようです。


Filed Under: 融資 - Comments: Be the First to Comment


Tags:


お金を借りる・親から借りる場合

Posted by 管理人 on

学生時代に、親から仕送りを受けた経験をされた方も多くいらっしゃると思います。
社会人になってまで、親からお金を借りることに抵抗を受ける方もいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし、身近な存在で、一番頼りになるのは、親であることも確かなことです。
まずは、お金を借りなければいけない理由をきちんと説明して、理解を得ることから行うようにしましょう。
親からお金を借りる場合に注意しなくてはいけないことは、贈与にあたらないようにすることです。
少額では贈与の対象にならないこともありますが、一度贈与であるとみなされると、贈与税を負担しなければいけません。
その対策としては、契約書・借用書をきちんと作成しておくことです。
契約書・借用書には、借りる金額や返済方法を明記しておきます。
親からお金を借りる場合には、利息まで支払うことはあまりありません。
金利については「0%」と明記しておくようにしましょう。
返済方法についても、きちんと確認しておくようにしておきます。
銀行口座への振込を行う場合には、通帳などに返済の履歴を残しておきましょう。
現金を直接受け渡しする場合には、返済を行った証拠として領収書などを発行してもらうとよいでしょう。
いずれにしても、借りた金額によっては、きびしく贈与であるとみなされることもあります。
その場合には、きちんと贈与税を支払うようにしましょう。
一番頼りになる存在が親であると同時に、できれば親には負担をかけないようにすることも大切です。
主婦でも借りれるお金は、できるだけ早くきちんと返済できるようにしましょう。


Filed Under: 融資 - Comments: Be the First to Comment


Tags:


大手から中小まで消費者金融はさまざまある

Posted by 管理人 on 2015年1月14日

消費者金融といってもそこには大手から中小までさまざまな業者があります。
お金を借りるならどこがいいのでしょうか。
消費者金融にはさまざまありますがその基本となっているのは改正貸金業法です。
その規制から外れることはできません。
金利の上限は決められておりその金利以上となれば消費者金融に対して罰則がありますし、また取り立てに関しても厳しいルールがあります。
強引な取り立てや勧誘を行えば営業停止となることもあり、それは実際に行われています。
金利の上限は変わりがなく、どこの消費者金融でも法定金利の上限ぎりぎりをとっています。
そして強引な方法もない、それであれば大手でも中小でも消費者金融なら基本は変わりありません。
法律があるからこそ私たちは安心して消費者金融を選ぶことができます。
それなら大手と中小、その違いはどこにでてくるのかということになるでしょう。
使いやすさ、安心感、それが大きな違いになっています。
全国展開をしていると大手であれば全国どこでも利用ができます。
金利に違いがありませんが、使いやすさとして考えてみるとそこには損得が出てくるものです。
大手となると提携先も多くコンビニATMの大半は利用ができるようになっています。
所得証明書不要借り入れはもちろんのこと、返済の方法にも困らないようになりました。
大手消費者金融から選べばよい、その基本を守っておきましょう。
もちろん中小消費者金融が悪いと言っているのではありません。
その使い方に変化を見いだせるだけの知識がない以上、大手から選択するのが無難だということです。


Filed Under: お金 - Comments: Be the First to Comment


Tags:


« previous top